バナー

WEB会議の仕組みについて

WEB会議システムは3つに分けられます。

ひとつはクラウドに置かれることが多いサーバです。WEB会議システムでのサーバの役目は主に2つです。

ユーザー管理と共有するデータの受信、配信です。


受信するデータは動画や文字、ファイル、アプリケーション画像など多岐にわたりますが、それらをすべての参加者アプリケーションに転送するのが仕事です。


WEB会議システムの2つ目は回線です。
通常光回線を利用することが多いですが、場所によってはADSLやISDNになることもあるようです。

また、出張中の場合はモバイル回線という場合もあります。

WEB会議の最新情報を公開しています。

回線によってWEB会議システムは適正な転送レートを指定することが多いです。



あまりに回線が遅い場合にはレートを下げるほかに使用できる機能を制限するということも行われ、音声での参加ということもよくあります。

教えてgooについて真剣に考えてみました。

3つめは専用アプリケーションです。


アプリケーションは参加者のPCにインストールされます。
基本的に無料で配布されることが多いですが、サーバを買い取る場合にはクライアントソフトウエアも買い取ることが多いようです。アプリケーションソフトの役目はデータの転送です。

カメラやマイクからの音声や動画をサーバに適正におくること、場合によっては暗号化や圧縮を行って転送することもあります。


そのため、会議に参加するPCはある程度のスペックが必要となることも多いようですが、会議システムのために新型のPCを買うほど高スペックは必要ありません。